ブログトップ

PlanterCottage Blog

plantercot.exblog.jp

カテゴリ:プランターコテッジME( 183 )

みなさまへ

みなさま

図書館&ギャラリー PlanterCottage 
代表 RIKI‐TRIBAL(リキトライバル)小池マサヒサ です。

みなさまのご理解とご協力の下、PlanterCottageは満11歳。
今年2010年は12年目の只中にあります。
PlanterCottageを、出会いや繋がりが起こる「場」として育て続けて下さっていることに対し、代表者として心から感謝いたします。

様々な「気づき」が響きあい、繋がりあう姿は最も歓迎すべきPlanterCottageのありかたです。
社会からしてみれば極めて小さなこの場所から、「今という時代性」、「社会という全体性」を私は、はっきりと感じとることができます。
それはひとえに、この場を大切に思ってくださる人々がこの場に絶えず「風」を送り込んで下さることによって、この場が生き物のように呼吸し続けることができているからに違いないと私は思っています。

私たち家族は昨年4月から、PlanterCottageのある東京・国立市を離れ、私の生まれ故郷である長野県長野市での生活を始めました。
PlanterCottageという場づくりをそのままに他の地へと移り住む…という、強引な私のわがまま。
このわがままを聞き届け、そしてPlanterCottageの今を支えて下さっている「森のしずく」という仲間をはじめ、今もこの場に何度も足を運んでくださっている方々や多くの人々の理解と支えがなければおそらくは実現できていなかったと思います。
およそ11年間のPlanterCottageという場づくりに咲きほこる花、その花から採れる種を私たち RIKI-TRIBAL は、長野という地にも撒いてみたいと思います。



PlanterCottageがつくられてから今まで、そして今後も、これだけは大切にしたいと思うことについて考えてみました。これは私が何を考えているのかについてを、私自身が確認するために書いたものですので、少々わかりづらい表現が多いかもしれません。これについてのご質問などは、お会いした時にでも是非皆様とお話しできればと思います。




「私」について。

PlanterCottageは、「私」という主観性 から始まりました。
私の主観性がそのまま現在のPlanterCottageという場づくりにおける理念になり得るかどうか自信がありませんが、PlanterCottageをとおして私の中に起こる様々な「気づき」を、できることならば、此処を訪れる全て(人も動物も植物も…)と共有してみたい…。そうするとそこでは何が起こるのかを「私」が感じてみい…。
あれから11年、その気持ちは今も変わりありません。

「気づき」という感覚を言い表すことはとても難しいことです。
でもおそらくそれは、今というとても困難な時代にあっても、この世に生まれた自分の一生を悔いなく生き切りたいという気持ち…、その気持ち上に立ち起こってくる感覚であることだけは間違いないと思うのです。

この世界に生きとし生けるもの全て皆、「自らの生を生きることしかできない…」という観点からすれば、「私」は絶対的に孤独だけれど、この世界には「自らの生を精一杯に生き抜こうとしている人」がいる。
その意味からすれば私一人だけが孤独なのでは無いし、私のまわりには自らの生を精一杯生きるたくさんの仲間がきっといる。
…この意識が芽生えることこそが人間が社会的動物たる特徴であり、私たちはそうした仲間の存在や多様な仲間との繋がりを経験することによって、そこに「繋がりの連鎖」を見つけ出します。そして私たちは、その繋がりの連鎖そのものが「社会」であると気づくのだと思います。
しかし私たちは今、そうした社会を実感するにはとても困難な時代を生きているのです。

私は美術家という生き方を選びました。
でもそれは、なぜ私の中に、お互いを感じあいながら繋がりあいたいという気持ちがわき起こってくるのか…についての理由にはなりません。
自分としての純粋さや自分らしさを保つためには、じっと自分ひとりで、誰とも繋がらないようにしていた方が、誰にも汚されず純粋な自分のままでいられるかもしれないのに…、どうして、繋がりあいたいという気持ちが私の中にわき起こってくるのだろう…。
PlanterCottageをつくり始める数年前から私にはいつもこの疑問がありました。
何をする時でもそのことはずっと頭の中のどこかにあって消えることはありませんでした。
そんなある日、ふと思ったのです…つくりながら考えようと。

そしてあの時、瞬間的に感じた感覚。
それは、自分の生は「今」そして「ここ」の中にある…という感覚です。
私の中に「今」「ここ」のリアルな感覚があることに気づいたあの瞬間、「私は生きている」と感じたのです。
そして私は思うようになりました。自分の力で今ここに立とうとしながら、自分の生を精一杯に生きようとする人々が、互いを認めあい、繋がりあうことによってつくりだされる社会を感じたい。
それが未だ到達できてはいない理想であったとしても…、私はそれを一瞬でもいいから感じてみたい。
それが私が想像するPlanterCottageなのかもしれません。
[PR]
by plantercottage | 2010-07-02 23:47 | プランターコテッジME

『プランターコテッジME』 蔵に暮らしてみて その106

これが長野の冬か~という天気が続いている今日このごろ、東京でも足の指がしもやけになっていた私は当然のごとく、全部の足の指がしもやけになっている状態。
娘から『お母さんの足の指、笑える』といわれるぐらい、うちわのような形になってしまった私の足の指。(笑)
今日はさすがにこのままではいけないと薪ストーブの前でマスタード(和風からしではなくて洋風からしにしましたが)で足浴をした。
結構良かったような気がするマスタード足浴。
今までにカモミールのオイルやミントのオイルなどで足浴はしたことがあったが、マスタードは初めて。
思っていた以上に温まります。

そんなこんなで今日も昼間雪が降り、明日からまた一気に冷え込むよう。
もう完全に山小屋生活を送っているようで、朝起きても暗いし、洗濯物も外に誰も干していない。
さすがに冬は東京での生活と全然違っていて、長野に来てから初めて経験することが多い。
娘も毎週のように、スキー三昧。

ちょっと海外で生活しているような錯覚におちいったりするほど、日本の中でも天候でこれほど生活がかわるんだと実感している。

c0029948_2224998.jpg
c0029948_223517.jpg
c0029948_2232220.jpg
c0029948_2233889.jpg
c0029948_2235945.jpg

c0029948_2281329.jpg

             ↑ スキー焼けで、ほっぺた赤いです
[PR]
by plantercottage | 2010-01-12 22:06 | プランターコテッジME

『プランターコテッジME』 蔵に暮らしてみて その105

今年の元旦は娘の新型インフルエンザで何処も出かけられなかったのだが、娘の冬休みが今日までだったので昨日は彼女の要望でスキーにでかけた。
風が結構強い日だったが、かなりスキーを楽しんでいた娘。
小さいうちから、スキーができるなんてラッキーな子だと思ったりする。
そして、今日は私の要望で近くのカフェギャラリーナノグラフィカの道祖神の展覧会をみてきた。
長野にまつわる、主に松本で制作されている道祖神たち。
展覧会はとてもよくて、期間中にもう一度見たいと思った。
さらに、夜は夫の要望で善光寺での「びんずるまわし」に行ってきた。

この2日間は、長野を満喫した感じでとっても楽しかった。
明日からはマゼコゼオープン。
仕事にもどれるかどうか、たった2日間ぐらいでも不安になる。(笑)
c0029948_23561522.jpg
c0029948_23562537.jpg
c0029948_23563650.jpg

[PR]
by plantercottage | 2010-01-06 23:58 | プランターコテッジME

『プランターコテッジME』 蔵に暮らしてみて その104

やはり雪は朝には積もっていて、夫も朝から雪かき。
昨日、プランターコテッジでもライブをやってくれたことがあるママクリオのCDが2枚売れて残り2枚になり突然あせりだす。大好きなCDは売れて欲しいと思う反面、自分が同じものをもっていても全て自分で買い占めたくなるのは私だけだろうか?(欲しい人はお早目に)

今日は、お客さんも少なく娘の友達のSちゃんにお手紙を書き、明日からのお休みにあれやこれや思いをはせる。娘もそろそろ大丈夫そうだし、おそばせながら初詣になりそう。
c0029948_2112439.jpg

             ↓ 日々進化しているロケットストーブ
c0029948_21122454.jpg
c0029948_21123913.jpg

              ↑ ママクリオのCD 大好きなCDの1つ
c0029948_2113589.jpg

              ↑ 元気になってきた娘はサンタさんからのピアノで練習
c0029948_21165938.jpg

              ↑ 蔵の2階で時々密かに行なわれる子こど音楽会
[PR]
by plantercottage | 2010-01-03 21:17 | プランターコテッジME

『プランターコテッジME』 蔵に暮らしてみて その103

今、窓に目をやったら雪がちらほら。
朝にはどれくらい積もっているのでしょうか?
我が家の蔵の窓から外を覗くと、はす向かいにも古い蔵があって、雪が随分似合う風景だな~と思います。

昨日は、何人かのお客様がマゼコゼに来て下さいました。
ありがとうございました。
お店を始めて1ヶ月すぎたばかり。
いろんなことが不慣れな私ですが、cafeをはじめることができてよかったな~と思います。
いろんな人のおかげでオープンすることができ、これからもいろんな方の協力でやっていけるんだと思います。本年もどうぞよろしくお願いします。

雪をみて、しみじみ。梅酒をのみながら記す。
[PR]
by plantercottage | 2010-01-03 00:39 | プランターコテッジME

『プランターコテッジME』 蔵に暮らしてみて その102

大晦日から降り始めた雪。
雪のあるお正月は、趣があって嬉しい。
娘の高熱も微熱程度に下がり、今日はマゼコゼも予定通りオープン。
マゼコゼお正月メニューは、甘酒、おしるこ、ケーキ、ワイン、コーヒー、紅茶、チャイなどと、おやきやミニおせちなどの軽食。今年は黒豆も煮たし、昨日は小豆も煮たし、久しぶりにお正月らしいことをした。

長野に住んで早9ヶ月がすぎ、4月になれば丸1年。
短い期間にいろいろあったな~。
今年は自分の目標を書いたりしてみようと、めずらしくやる気になっている。

c0029948_20451733.jpg

            ↑ 雪はやっぱり綺麗です
c0029948_20453179.jpg
c0029948_20454776.jpg

            ↑今年は「わらべうた」と「郷土食」進めていきます
[PR]
by plantercottage | 2010-01-01 20:49 | プランターコテッジME

『プランターコテッジME』 蔵に暮らしてみて その101

あけまして、おめでとうございます。
大晦日に発熱した我が家の娘は、やはり新型インフルエンザでした。
ひたすら眠っている娘。
東京の友達のSちゃんが昨日から本当だったら遊びに来てくれる予定だったのが我が家の娘がインフルエンザになったので、今回はパスしてもらうことに。
Sちゃん,本当にごめんね。
Sちゃんとスキーに一緒に行きたい娘は、なんとか春休みまでにSちゃんを連れ出す予定。

そして、只今の時間は善光寺に向かう人がいっぱい。
今日はこの時間にお店を開けているところも多い。
大晦日から予想外の展開に又今年も波乱万丈かしらとドキドキしながら、おしるこを作った。
c0029948_045393.jpg

[PR]
by plantercottage | 2010-01-01 00:47 | プランターコテッジME

『プランターコテッジME』 蔵に暮らしてみて その100

昨日の夜は我が家にもサンタさんがやって来た。
今回は相当重かったと思われるプレゼント。
去年はkawaiのトーイピアノで今年はcasioの電子ピアノ。
娘がずっとサンタさんに頼んできたものを思い起こすと、4歳ぐらいまでは本人の意思もあいまいで、やっと去年あたりから○○が欲しいとはっきり希望をいえるようになったのだが、ここ2年連続でピアノだった。
今朝は大喜びで、明日は1日電子ピアノを弾いていようと言っていた。

さてサンタさんは我が家にはいつまでやってくるのだろうか?
昨日は煙突の掃除をしてなかったので、今朝ススがいっぱいちらばっていた。
c0029948_23445798.jpg

    ↑右端に寝ているぬいぐるみは、おととしのサンタさんからのプレゼント
[PR]
by plantercottage | 2009-12-25 23:47 | プランターコテッジME

『プランターコテッジME』 蔵に暮らしてみて その99

今日はクリスマスイブだが、全然そんな感じがしない。長野では東京のときほどクリスマスが盛り上がってないような気がする。
娘はサンタさん来てくれるかな~と、サンタさんへの手紙と牛乳と飴を枕元において眠りについた。
サンタさんへの手紙を見ると、牛乳と飴食べていってくださいと書いてある。
今日は、やっぱりクリスマスイブなんだよな~と手紙をみて思う。

長野に来てから初めてのクリスマス。
東京に比べたらずいぶん寒い長野。
雪もまだ残っているし、クリスマスにはぴったりの風景。
しかし、クリスマスはあんまり盛り上がってないような気がするのは私だけ?
善光寺さんが近くにあるからかな~と考えながら、今日は一日煮豆を作ったり、おやきを作ったりと、和風オンリーだった一日。こんな風に地味なクリスマスイブというのもいいもんだな~と思った一日。
c0029948_2331488.jpg

          ↑ 昨日のケーキ作りのワークショップ
c0029948_23321183.jpg

          ↑ サンタさんおされ気味
c0029948_23323686.jpg

      ↑ 近所のおばあちゃんからもらった フリーダカーロばりの色鮮やかな色紙の作品
c0029948_23325047.jpg

             ↑ストーブで作った煮豆 大成功
c0029948_23331156.jpg

            山小屋のMazekozeでMerry Christmas
[PR]
by plantercottage | 2009-12-24 23:41 | プランターコテッジME

『プランターコテッジME』 蔵に暮らしてみて その98

雪がある程度積もった長野市。
娘は、お友達と一緒に雪でかまくらを作ると夕方4時ぐらいから家の前でいろいろやっていた。
雪のおにぎり、雪のキャンドルスタンド、雪の机、雪の椅子などなど。
かまくらを作る前に、いろいろ生活必需品を作り出している子どもたち。結構笑える。
そして、かまくらを作りだしたものの、基礎となる部分(笑)を作った時点で時間切れ。
明日、学校から帰ってきたら続きをやるとのこと。
寒さなんてへっちゃらで、必死で作っている子どもたちは本当に楽しそうだった。
まだまだ、かまくらはできそうにないが、取り組む姿勢はすばらしかった。
みんなスキーウエアーで取り組んでいたところが、さすが長野っ子だと感心。
雪がたくさん降るって子どもたちには贅沢な贈り物だと思った一日。

c0029948_23454949.jpg

           ↑ つららのおはし
c0029948_23461520.jpg

          ↑ かまくらの基礎を作ったと言っていたが、ストーンサークルの様だ(笑)
[PR]
by plantercottage | 2009-12-20 23:48 | プランターコテッジME