ブログトップ

PlanterCottage Blog

plantercot.exblog.jp

『プランターコテッジME』 蔵に暮らしてみて その13

こちらにきてから、ずいぶんと食生活が変わった。
この時期は、こごみや蕨と山菜もよく食卓にのぼるし、長野の郷土料理というものを作るようにもなった。
こちらでの郷土料理と言えば、お煎餅(お好み焼きみたいなので味噌を表面にぬる)や、こねつけ(おにぎりに小麦粉をまぶし、やきおにぎりのようなもの)そして、おやき。
おやきは、義母の手作りを頂くのだが、自分ではまだ作れない。2度挑戦したものの難しい。。。
義母のおやきは北信のおやきで、蒸すタイプ。
今日は、そのおやきを少し焼いて食べてみた。
これまたいける!(国立界隈では、カフェ木馬さんでこのおやきが食べれます)
義母のおやきは、やっぱり美味しい。

東京にいるときに比べると随分料理をするようになった私。
野菜もこちらだと東京で買える野菜と違っていたりするので私にとっては新鮮。
ナスは丸ナスだし、ビーツなども売っているし、山菜もたくさん売っている。

ときどき、これからは国立に長野独特の野菜など運んで行きたいと思う今日この頃。
めずらしい野菜を見てワクワクしたいと思う私は、国立のみんなにもワクワクしてもらいたい。
近所で週2回マーケットのような市がたつときは、お豆やお米、野菜、お花を安い値段で買えて嬉しいかぎり。
このマーケット、いわゆるファーマーズマーケットで、これが楽しくてしょうがない。
規模は大きくないけれど、山に咲いてる野の花などがかごいっぱいに並んでいると嬉しくてしょうがない。

このファーマーズマーケット、私はカッコイイと思うのである。

c0029948_23232785.jpg

[PR]
by plantercottage | 2009-05-28 23:32 | プランターコテッジME
<< 『お知らせ』 今日はアートリテ... 『お知らせ』 明日は「アップリ... >>